クレジットカードの素晴らしさを知る

 >  > クレジットカード現金化の法的見地

クレジットカード現金化の法的見地

クレジットカード現金化は法律的な見地からみると、グレーとは言われているのですが、実際の所クレジットカード現金化は法律で縛るのは難しいものです。クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠で買い物を行い、商品を売却する。これにより、現金を得ることが出来るのですが、クレジットカード現金化を意識せずとも、クレジットカードで購入したものを売却している人など多数いるのではないでしょうか。クレジットカードで購入した商品に飽きた。イマイチだった。様々な理由でオークション等に売却し、現金を得る。これも広義ではクレジットカード現金化になりますので、クレジットカード現金化を法的に縛るとなると、現実的にどこまでを違法とするのかの判断がとても難しいのです。現金化した人間が「現金化が目的ではない」と言い張った時、ではそれを証明出来るのかという話になりますので、現実的に法律的には問題ないものの、良いものではないという位置付けなのです。

[ 2016-09-03 ]

カテゴリ: クレジットカード現金化とは