プラセンタ注射の効能と副作用をチェック『PXYLISH』

TOP

当サイトについて

病気に対する治療として使われるプラセンタ注射は、それ以外にも肌を若々しく保つ美肌効果があります。それを目的に利用される方も多くおります。サプリメントや化粧品などで摂取することも可能です。しかし、注射で摂取する方法が、最近では人気になっております。そのようなプラセンタ注射ですが、副作用などを心配されている方もいるのではないでしょうか。多くの方がプラセンタ注射のことをきちんと理解し、利用できるようになることが、「プラセンタ注射の効能と副作用をチェック『PXYLISH』」の趣旨です。様々な効能と副作用などについて解説していきますので、是非とも参考にして下さい。


プラセンタ 注射 美容点滴 | 医療レーザー脱毛 プラセンタ注射なら[MB Clinic麻布]

プラセンタサプリメントの種類

プラセンタを摂取するのに、注射のほかにサプリメントやドリンク剤などがあります。それぞれに特徴があるのですが、今回はサプリメントについて調べてみたいと思います。プラセンタの注射は、ヒト由来のものを使用していますが、サプリメントは豚や馬、羊などのプラセンタ(胎盤)を使用しているのが一般的です。豚は年に2回出産し、たくさんの子供を産むので、大量に胎盤を採取することができます。一般的なサプリメントは豚由来のものが多いですね。たんぱく質、アミノ酸、核酸などバランスよく含まれています。馬については豚に続きポピュラーで、他よりもアミノ酸が多く含まれています。しかし、馬は豚よりも出産数が少ないためとても高価になりがちです。実際どのくらいの成分が含まれているかも確認して購入するようにしたいですね。最後に羊については、日本ではあまり見かけることはありません。主に北米やヨーロッパで人気です。美容にはオススメだと評判です。注射のように即効性はありませんが、体の内側から変えていくにはサプリメントはうってつけだと思います。

プラセンタの主な成分

プラセンタは「胎盤」のことをいい、赤ちゃんが成長するために必要な栄養を母親の胎盤から吸収していきます。栄養の宝庫を言われており、人間の体に必要な栄養素を多く含み、美容と健康に効果があるということで、今注射で摂ることが注目を集めています。プラセンタの主な成分はというと、「アミノ酸」で、生き物の基本となる成分です。プラセンタには20種類以上のアミノ酸が含まれています。なかには食品でしか摂取できないものも含まれます。「たんぱく質」も豊富に含まれます。血液や筋肉を作る栄養成分です。「脂質・糖質」脂質は細胞をつくる栄養素、糖質はエネルギー源となるものであり、人間には欠かせません。「核酸」は新陳代謝の調整を行っている栄養素です。不足すると老化の原因になります。「ビタミン類」美容や健康に欠かせない成分です。これらの栄養成分が含まれているのが「プラセンタ」なのです。注射で摂ることができます。即効性がありますので、注射は人気の摂取方法です。

プラセンタ注射のメリットとデメリット

プラセンタ注射にはメリット・デメリットがあります。これから打とうと思っている人は、打つ前に知っておくようにしましょう。まずは効果がすぐに表われるということです。注射によって体にダイレクトに届きますので次の日にはお肌に違いなど効果を感じやすいです。サプリメントなどより早く効果が期待できます。また、厚生労働省の認可を受けていますので安心して受けることができます。逆にデメリットは、まれにアレルギー反応を起こしたり、患部が赤く腫れることがあるようです。そして、筋肉注射の場合は、皮下組織の深いところに針を刺すので、激しい痛みを感じます。そしてその後もしばらくだるさを感じることがあるでしょう。その分即効性は期待できるでしょう。プラセンタの注入量によって痛みの違いはあります。また、プラセンタ注射を受けた場合は献血ができない、ということです。これは厚生労働省からの通達です。これらメリット・デメリットを確認して打つかどうか検討するようにしましょう。

美容に良いプラセンタ注射

テレビなどで、芸能人がプラセンタ注射を打っていると話題になったことがありますね。有名人が効果があると言えば信じることも多いかと思いますが、そもそも肌がきれいなのはプラセンタ注射を打っているからなのでしょうか。きっと間違いではないと思います。プラセンタは即効性があり、肌の若返りが期待できるからです。定期的に注射を打つことで、肌の若々しさみずみずしさを手に入れることができるのです。クリニックに通う人は美容目的の人も少なくありません。効果はシミやしわ、美白効果はもちろん、肩こりや冷え性、生理不順などにも効果が期待できるのです。では注射のペースはどのくらいかというと、最初の1~2ヶ月は週に1~2回、そしてキープをするために1~2週間に1回くらいのペースで打っていくことが良いです。なかなかこのペースではお金も時間もかかる、という人は、サプリメントなどとの併用をすることで、美肌をキープすることができるでしょう。

プラセンタ注射でアレルギー!?

プラセンタ注射で副作用が起きることがまれにあります。ですが、ヒト由来のプラセンタを注射することになりますが、厚生労働省の認可の下、厳重な管理で生産されていますので、これまで重大な副作用の報告はありませんでした。ですがまれに、注射によって起こりうる副作用があります。それは、打った場所がかゆみや痛み、発疹、悪寒などの症状が現れることがあります。これは打つのをやめればおさまりますので、心配はありません。また、プラセンタはたんぱく質でできていますので、アレルギー体質の人が打つと、アレルギーが悪化して喘息(ぜんそく)の症状が出たり、アナフィラキシーショック状態に陥ることもありますので、注意が必要です。打つ前に医師の指導が必要となるでしょう。また、一度注射を打つと、献血や臓器移植はできなくなることを覚えておきましょう。しかしサプリメントなどの馬や豚由来のプラセンタでは特に問題なく献血等できるでしょう。